小布施牧場 obuse dairy farm

  • フェイスブックはこちら
menu

スタッフ

  • 代表取締役社長/牧場、チーズ部門責任者

    木下 荒野Koya Kinoshita

    1989年(平成元年)長野県小布施町生まれ。須坂園芸高校、酪農学園大学酪農学科を卒業。永井農場(東御市)にて3年3ヶ月間、稲作と酪農部門を担当。ニュージーランドのNorthash社にて1年間、放牧型酪農を経験。その後1ヶ月間、妻の葵とイタリア、スイスの牧場をめぐり、食文化、生活文化に触れながら遊学。人工受精士。

    インタビュー記事
  • 専務取締役/ジェラート、カフェ部門責任者

    木下 真風Makaze Kinoshita

    1986年(昭和61年)長野県小布施町生まれ。荒野の兄。大学卒業後、御茶ノ水の山の上ホテルに8年間、勤務。宴会部にて現場における配膳業務の給仕長を務める。2017年(平成29年)1月、起業準備のため帰郷。

  • ジェラート、カフェ、広報部門担当、経理部門責任者

    木下 香菜Kana Kinoshita

    1992年(平成4年)鹿児島県日置市生まれ。真風の妻。鹿児島女子高等学校商業科卒業後、山の上ホテルにて鉄板焼ガーデンホールスタッフとして2年3ヶ月間、勤務。ブライダル関係の会社でチーフドレスコーディネーターとして3年間、勤務。

  • ジェラート、カフェ部門担当

    木下 葵Aoi Kinoshita

    1993年(平成5年)長野県須坂市生まれ。荒野の妻。須坂園芸高校、長野女子短期大学を卒業。永井農場軽井沢ハルニレテラス内のジェラートショップにて1年勤務。栄養士。

  • 取締役用務員/理念、広報、環境美化部門担当

    木下 豊Yutaka Kinoshita

    1959年(昭和34年)長野県小布施町生まれ。真風、荒野の父。出版社、新聞社を経てフリーのライターに。30歳前後に1年半、妻子とオーストラリア、フィリピンに滞在して遊学。まちづくり会社ア・ラ・小布施を経て、出版社「文屋(ぶんや)」を創業。本づくりのかたわら、特産の小布施栗を善玉菌を活用する菌ちゃん農法により栽培。文屋公式サイト(http://www.e-denen.net)。

小布施牧場株式会社 誕生物語

(創業した2017年に受けたインタビュー原稿を元に構成しました)

自社産のジャージー牛乳で
世界一美味しいジェラートをつくる、豊かな時空間を創造したい。
キーワードは「小規模・放牧型・地域内循環型・高品質の6次産業」

 大きくて甘い最高の小布施栗とストレスのない放牧で育てたジャージー牛の上質なミルクで、世界一美味しい栗ジェラートをつくりたい。新進酪農家が思いを定め、兄弟で創業しました。

 舞台は長野県小布施町の大地です。
 大きくて甘いブランド栗として、600年も前から有名な「小布施栗」を使って、自社産の搾りたてミルクといっしょに「世界一美味しい栗ジェラート」をつくる。「小布施牧場」は、栗の名産地という町の歴史的背景と、世界で学んできた新進酪農家である28歳の木下荒野(こうや)さんが織りなす、夢のコラボレーションです。
 荒野さんの実家は、東京都内の料亭やレストさんに直接卸す高級栗を栽培する農家。動物好きだった荒野さんは、農業を継がずに、動物に関わる仕事がしたい、と北海道の酪農学園大学に進学。卒業後、国内の牧場に勤務したのち、放牧型酪農の経験を積むためにニュージーランドへ。広大な大地で、牛たちがストレスなく草を食(は)む、理想的な牧場のあり方を実体験してきました。
 一年半ほどの海外体験を経て小布施に帰郷。小布施町の里山で放牧型酪農を始めました。
 妻の葵(あおい)さんは、軽井沢のジェラート製造・販売店で働いていました。兄の真風(まかぜ)さんは、山の上ホテル(東京・駿河台)のサービス部門で8年間勤めたサービスのプロ。真風さんの妻の香菜さんも、山の上ホテルのレストランと、ウエディングドレス関連の会社でブライダルコーディネーターとして、おもてなしの研鑽を積んできました。

 特産&自慢の栗と、荒野さんが目指す「ハッピーな牛」の新鮮なミルクという自社産原料をもとに、家族がそれぞれに培った経験が見事にクロスした新しい事業が誕生しました。
 小布施町は全国でも有数の果樹産地です。ジェラートのメニューは栗だけではなく、リンゴ、モモ、ブドウ、サクランボなど、特約農家が丹精を込めた旬の新鮮なフルーツとミルクのハーモニーが奏でられています。

事業のベースとなる減農薬“菌ちゃん農法”の「小布施栗」は、
東京の料亭から高く評価される逸品

 小布施といえば、「栗」で有名です。大きくて甘い「小布施栗」を使った羊羹やかの子などの銘菓は、デパートでもおなじみ。栗栽培の歴史は古く、江戸時代には幕府への献上品になるほどの名産品でした。
 また小布施は、日本を代表する世界的なアーティスト葛飾北斎が、最晩年を過ごした地としても有名です。北斎の肉筆画を収めた「北斎館」は、1976年(昭和51年)に開館した地方美術館ブームの先駆けで、地元の歴史文化遺産をまちづくりにつなげた成功例として注目されています。今では、信州を代表する「北斎と栗と花の町」として有名で、年間120万人が訪れる一大観光地になりました。

 荒野さんは、ふるさとである小布施を舞台にして、地元の栗やフルーツを生かしたジェラート工房を営もうとしています。
 荒野さんの実家は、もともと栗農家。今回の事業でも、荒野さんといっしょに取締役に名を連ねる父親の豊さん(58)は、文屋(ぶんや)という出版社を経営するかたわら、20年前から栗農園を営んできました。
 「小布施の町を横切る松川は、上流に硫黄(いおう)鉱山があった影響で、“酸川(すがわ)”と呼ばれるほどの強酸性。清流なのに魚が住めない川なんです。松川がたびたび氾濫を起こし、このあたりは砂地の酸性土壌になりました。この土壌と日当たりのいい土地柄が、おいしい栗を生み出したのです」と豊さん。代々つづく先輩の農家が多い中で、豊さんの栗農園は、新しい農法に挑戦しています。
 「うちの栗は、農薬をできるだけ減らし、環境浄化に役立つ善玉菌(有用微生物)を培養して薄めたものを撒(ま)くんです。乳酸菌、酵母菌・納豆菌など、いろいろな菌の助けを借りるので、“菌ちゃん農法”と呼んでいます。地元の新規就農者である工藤陽輔さんが、小布施の田畑で採取して培養した土着菌で、葉面にかけると光合成も活発になる。小布施には栗農家は百件以上ありますが、手がかかるので、ほかの栗農家はやりません。そのかいあって、東京の料亭やレストラン、高級スーパーに、直接買い上げていただいています」(豊さん)
 その栗は、幼児の握りこぶしほどありそうなビッグサイズ。自然な甘みも見事です。今年は、700キロほどの収量を見込んでいます。

小布施牧場で、自社農園で育てる小布施栗と
搾りたての新鮮なジャージー牛乳のコラボレーション!

 その見事な栗農園を、木下家のふたりの息子は継ぎませんでした。長男の真風さんは、東京の山の上ホテルに就職、サービスのプロに。そして、今回のプロジェクトの中心である次男の荒野さんは、酪農の道に進んだのです。しかし、このたび、そのふたりが、それぞれの道でキャリアを積んだあと、小布施に帰ってきました。
 兄弟夫婦で「栗ジェラート」の工房を立ち上げることで、家族のコラボレーションが実現するのです。最高の栗と、ジャージー牛の新鮮なミルク。100%自社の原料で作る「世界一美味しい栗ジェラート」、それが「小布施牧場」が目指すものです。
 「兄弟夫婦、家族の仲が良いことは財産です。地元小布施町のみなさんに支えられ、地元の農家から新鮮な果実や野菜を仕入れていきたい」と荒野さん。目指す「世界一」の姿は、商品の質だけではなく、おもてなし、環境と空間、人財、財務の五大要素で優れていることです。

 荒野さんは小布施牧場の代表取締役で、この事業の中心になっています。子どもの頃から、動物が大好きで、近所の犬の散歩を引き受けて、何匹も連れて歩くほどだったといいます。
 「警察犬の訓練士か、動物園の飼育員になりたかった。警察犬と警官がコンビを組んで活躍する、みたいなドラマが大好きでした」。
 地元の農業高校を出て、大学は北海道の酪農学園大学へ。酪農の仕事に出会いました。
 「雄大な自然の中で、牛たちといっしょに働いて汗を流す時、生きている!と実感します。夢中になっている自分に気がついて、これが自分の天職だ!と思いました」
 荒野さんが最初に就職したのは、長野県東御(とうみ)市で、酪農と稲作の複合経営をしている「永井農場」。お米の稲わらを食べた牛の糞を発酵させて、その堆肥を田んぼに入れて土壌を肥やす。循環型農業で生まれた米や牛乳を製品化し、さらに販売まで手がける6次産業を実践する、優れた実績をもつ会社です。
 「牛の堆肥を田んぼに撒(ま)き、収穫した美味しいお米を加工して煎餅(せんべい)にし、稲わらはまた牛の飼料になって、牛乳はジェラートやヨーグルトにする。高収益で若い人の雇用も生む、こういう酪農経営のスタイルがあるのだ!と勉強になりました」

目指すのは、牛も人もハッピーな「楽農」経営!

 

 荒野さんは永井農場で3年あまり働いたのち、山国信州からの“脱出”をはかります。ワーキングホリデーの制度を使って、広大な土地で放牧をするニュージーランドの牧場に就職し、1,300ha、2,000頭の牛をバイクで見回る放牧型酪農の世界に飛び込みました。
 「牛舎につながれていない放牧牛にはストレスがありません。牛たちはハッピーですよね。頭数が多いので、個体ではなく群(むれ)で管理する感じです。牛に名前を付けて、家族のように大切に、個体管理する日本型の牧畜の良さもわかりました」
 また、衝撃を受けたのは、ニュージーランドの牧場では、経営者も労働者も、しっかりと週休2日を取り、年に1か月間ものホリデーを楽しんでいること。牛だけでなく、人もハッピーな暮らしが、無理なく実現していました。
 「365日、生き物相手で、大規模化しないと利益が上がりづらくて大変だ~」という、日本の酪農のイメージを完璧に覆すものでした。
 日本で自分ができる酪農とは何だろう? ふるさとの小布施でできる理想的な酪農って何だろう? ニュージーランドでの日々は、そのことをじっくりと考える時間をくれたと、振り返ります。
 「日本の酪農業界は、栄養価の高い北米産の配合飼料を買って、牛舎で牛から搾ったミルクを、1リットル100円前後で売る1次産業型です。私は、小規模・放牧型で、地元産100%の飼料で育った牛のミルクを、ジェラートやチーズに仕上げて付加価値をつける6次産業型を目指したい。小布施人(おぶせびと)が昔から、ブランド栗を羊羹(ようかん)などの高級なお菓子に仕立て上げて、付加価値をつけてきたのと同じように。そうやって、生産性と利益率をあげていけば、若い人を雇えるし、働く人みんながハッピーになっていける。わたしの使命は、里山での放牧型酪農の6次産業で日本の酪農のあるべき一つのモデルを創り出すことです」と、荒野さんは言います。
 荒野さんにはもちろん、「牛たちもハッピーである」ことへのこだわりもあります。公開されているデータによれば、牛舎で飼っている牛のミルクよりも放牧牛のミルクのほうが、ビタミンEとβ-カロテンが多いことに加えて、CLA(共役リノール酸)が多く含まれます。チーズに加工した場合も、放牧牛のミルクのほうが、「コク」と「うまみ」が増加したという結果が出ています。
 「乳量を確保するために加工された輸入配合飼料を使うのではなく、自然な放牧ですから乳量は減ります。ですが、ハッピーな牛たちから生まれるミルクからつくるジェラートやチーズは、食べる人たちを健康に、幸せにしてくれるはずです」  牛は、ホルスタインよりも乳脂肪率、ミネラル分がともに高いとされるジャージー牛を飼育します。「ジェラートのおいしさは、牛乳の質が決めます。ミルク感たっぷりで、「コク」と「うまみ」が優れていることを大切にしたい」。
 小布施には、北海道やニュージーランドのような広大な牧草地はありませんが、美しい里山の風景が広がります。
 実は、山の斜面を使って放牧を行う酪農は、7割を山地が占める本州で、今注目されています。かつては農地として豊かに育まれてきた里山の風景は、近年、後継者不足から、遊休荒廃地が増え、また山間部では手を入れられずに荒廃していく森林も少なくありません。そんな耕作放棄地や、山地(やまち)で行われる放牧が、里山の風景を守り、地域の活性化につながっていくと期待されているのです。
 小布施牧場は、将来、遊休荒廃地や山間部に放牧を広げていくことを計画しています。「放牧型酪農の6次産業による里山活性化を実現し、小布施牧場がそのモデルケースになっていきたい。新しい雇用も生み出して、定住促進にも貢献し、小布施の人たちに誇りに思っていただける会社に育てたい。そんな志を込めて、商品には最初から「小布施ジェラート」「小布施チーズ」と名づけて、緊張感をもって臨みます!」と荒野さんは力強く語ります。

「日本の農業のあり方を考える」。
新聞広告に込められた理想を小布施で実現したい

 酪農学園大学3年生だった2010年の元旦の朝のことを、荒野さんいまも鮮明に覚えています。それはお正月に実家に帰省していた時に、何気なく見た信濃毎日新聞の広告でした。
 1ページ・全面カラーのその広告には、雄大なアルプスを背景に、数頭の乳牛が陽光を浴びて草を食む、スイスの美しい牧場の写真が掲載されています。
 「この写真を見た瞬間に「これだ!」と直感しました。自分が取り組みたい酪農のイメージが、一気にリアルに浮かび上がりました。特売や催し物の華やかな広告が並ぶ元旦号の中で、この広告には営業的な表現はまったくなく、スポンサー企業の社名が右下に小さく記されているだけでした。
 その会社名は、長野県伊那市にある「寒天」専門メーカー伊那食品工業株式会社。父親の豊さんが営む出版社「文屋」から、ロングセラー『新訂 いい会社をつくりましょう』を出版されている塚越寛さんが会長をつとめる「かんてんぱぱ」ブランドの会社です。スイスの写真は、塚越さんが旅先で撮影されたものでした。
 「「日本の農業のあり方を考える」と書かれた文章は、私がこれから経営する小布施牧場株式会社の考え方の基盤になっています」と荒野さん。そこには次のように書かれています。

「山間部の農地が荒れつつあります。
高齢化に伴う農業就農者の減少もその原因のひとつと言われています。
よく手入れされた農地は観光立国には欠かせません。
ゴルフ場と見間違うようなスイスの景観。
スイスには荒れた農地や見苦しい薮(やぶ)はありません。
家畜がきれいにしているのです。
将来の観光立国を見据えて、
私たちは20年、30年後の日本の農業のあり方を
考えるべきだと思っています。
「農業生産法人ぱぱな農園」もその為の小さな努力のひとつです。」

荒野さんは、この新聞広告を額に入れて玄関に飾り、毎日目にして、自分に確かめています。「塚越寛さんの深い想いを込めたこの写真が、自分の人生を大きく変えました」と語る荒野さんは、いま、次の理念を掲げています。

「楽農経営による美しい里山をふやします
~美しく、たくましく、優しく、美味しく、楽しく~」

子牛が草を食む雑木の森にジェラート工房とカフェを

 

 ジェラート・チーズ工房とカフェの予定地は、小布施の禅宗の名刹(めいさつ)「玄照寺(げんしょうじ)」が所有する「小布施千年の森」にあります。
 ここは、松川のほとりに広がる5ヘクタールの広大な雑木の森。東京ドームほどの平地林に、数千本のコナラやクヌギが生きています。その中を通る遊歩道は、今やマラソンランナーたちの間で人気の大会、「小布施見にマラソン」のコースにもなっています。この広葉樹の森を3割ほど間伐し、牧草を育て、数頭の子牛を放す予定です。森の美観を保ち、訪れる人たちが子牛たちと触れ合える場にします。
 「住まい塾」を主宰する著名な建築家・高橋修一氏による工房が、2018年春に完成予定です。森を眺めながらジェラートを楽しめるカフェスペースも併設されます。
 このジェラート工房で使用する製造設備は、世界最高峰の品質を誇るイタリアのカルピジャーニ社の最新型の機械で、口当たりがとてもなめらかなのが特徴です。
 放牧型酪農の牧場は、小布施町北西部の築45年の牛舎を借り受けて、その周辺の遊休農地を活用して開きます。いずれは、小布施町東部の里山・雁田山(かりだやま)の遊休農地と山ろくで放牧することも構想しています。
 ジェラート工房は荒野さんの兄・真風さんと、荒野さんの妻・葵さん、真風さんの妻・香菜さんが担当します。チーズ工房はおもに荒野さんが受け持ちます。
 小布施ジェラートは、ミルクの殺菌処理後、ジェラートマシンで、小布施栗をはじめさまざまな果物などとブレンドして出来上がります。小布施チーズは、当初はモツァレラとクリームチーズといったフレッシュ系から始め、今後はカマンベールなど熟成系を加えていきます。

 「小布施の先輩のみなさんが築いてきた「小布施ブランド」を最大限に活用しながら、小布施のブランド力、小布施という舞台の魅力と価値をさらに高められるような存在にまで成長して、ふるさとにご恩返ししたいと思います。みなさん、わたしたちの小布施牧場に、遊びにお出かけください。どうぞ、ご指導と応援をお願いいたします」(荒野さん)

那須高原の森林ノ牧場は小布施牧場の姉妹牧場

 荒野さんはニュージーランドから帰国後、国内で放牧型酪農を実践している牧場がないか探していました。
 そんな折に、大学の友人から那須高原にピッタリの牧場があるよ!と紹介していただいた牧場が「森林ノ牧場株式会社」です。荒野さんはすぐに連絡を取り、2016年春に一泊で牧場研修をする機会を得ました。同社の山川将弘社長と搾乳や作業をする中で、「農地や山地を活かした酪農を盛り上げよう。大規模でなく、小規模でも営める楽農を実践していこう!」と意気投合しました。
 「山川さんは4つ上の先輩で、お兄さんのような存在です。経営の面でも勉強させていただいています。」
 「森林ノ牧場の労務管理にも驚きました。社員は10名ほどで週休2日、有事休暇ありです。一般企業では当たり前ですが、酪農業界では革新的な職場環境です。ジャージー牛わずか20頭で10名のスタッフ、小規模で高付加価値酪農に未来を感じます。これは小布施やその他の地方でも実現したできることです。」
 神奈川県の山北町でも荒野さんと同世代の女性が、山川さんの応援のもと新規就農します。
 「小布施牧場も、森林ノ牧場から子牛を有利受けるなど、応援していただいています。小布施牧場も新規就農者を応援できる会社になりたいと思っています。森林ノ牧場とは業務提携も模索しています。同志として、そして姉妹牧場として、日本の楽農に革命をもたらしていきます。」

 長文を最後までお読みいただき、ありがとうございました。みなさん、信州小布施の小布施牧場に、ご家族、お仲間と遊びにお出かけくださいね!

  • フェイスブックはこちら

Copyright 2017 obuse dairy farm All rights reserved.